スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

秋空に、想う 

mikumari 198
mikumariがある場所は、どこにでもある普通の田舎町だ。
昼も夜もあまり車は通らず、軽トラックや農耕車の方が多いくらいだ。

そんな場所に、何時間もかけて車で来てくれる人がいる。
電車やバスを乗り継いで来たり、駅からタクシーで来てくれる人もいる。
そうやって来てくれた人と、偶然か、または必然なのか、話す機会が多くある。

考えてみれば、ここでお店を始めなければ、そういう出会いは、まず、なかった。
「お客様」ということではなく、「人」としての想いや考えを数多く教えてもらった気がする。

それだけで、観光地でも住宅街でもなく、これといって何もないこの場所で、
お店を続けている意味があるのではないだろうか。

秋の抜けるような青空を見て、そう想った。

スポンサーサイト

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://mikumari2006.blog108.fc2.com/tb.php/121-ac3c7abe

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。