月音町商店街の夜 

mikumari 249



月音町商店街の夜

夏の夕刻、
コーヒー店があった場所に
“食堂”が忽然と現れた。

月の音を
風の中から聴き分ける
『月音町商店街』の人々が
何かを知っているらしい。

「ココロ」の縦糸と横糸を紡ぎ
自分の作品に映し出す作家さん。

「アイジョウ」を食材の1つとして
食べ物を仕上げる職人さん。

昼と夜のあいだ
ひとが優しくなる
蒼色の時間に。

「夜空ノ・コミュニケーション・アーケードへようこそ」

やさしくも
不可思議な
ひと夜の夢の
商店街の物語。




茨城県筑西市にある「太陽と月の珈琲」の店舗と駐車場を使ったイベント『月音町商店街の夜』に『食堂』として参加させていただくことになりました。
夏の終わりの夕暮れに、いつの日か聞いたようなアコーディオンの調べと、花火大会を望みながら、素敵な一夜を過ごしてみませんか?

場所:太陽と月の珈琲(店舗と駐車場)
日時:2010年 8月21日(土) 
   17:00~20:30
お問い合わせは「太陽と月の珈琲」迄 TEL 0296-25-7340
尚、詳細はリンク先の「太陽と月の珈琲」のHPにてご確認下さい。
mikumariの『食堂』のメニュー等は後ほど。


そこは、
恐怖や偽りのない「注文の多い料理店」のような、
大人も子供も楽しめる「ポラーノの広場」のような、
ハッピーエンドの「銀河鉄道の夜」のような、
そんな場所。

架空の商店街で、架空の食堂で、
つめ草の花の咲く晩に、お会いしましょう。
スポンサーサイト

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://mikumari2006.blog108.fc2.com/tb.php/154-cdfd4905