スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

料理人になった夜 

mikumari 256
先日のイベント「M×M×M=」に来てくださったお客様、本当にありがとうございました。
慣れない場所、厨房、料理で多くの不手際があったと思いますが、嫌な顔せず最後までお付き合いくださり感謝しています。

普段、自分の事は「暮らしビト」と勝手に呼んでいます。つまり「暮らしを提案する人」。
建物だったり、インテリアだったり、料理だったり、mikumariに来て頂いたお客様に何か暮らしの参考になれば、と、お店を始めました。

なので「料理人」ではないんです。
でも、あの夜は明らかに「料理人」でした。
MARUYOSHIのオーナーやスタッフの気遣いで料理に専念できたのです。それというのも、普段1人で営業しているせいか、そういった人の気持ちは敏感に感じ取れるようになった為、また、全てを自分ひとりでやらなくてもいいんだ、という心のゆとりができた為、料理に専念することができました。

そうはいっても、MARUYOSHI、Mashumo、そしてmikumariの3店舗が共同で1つのコースを仕上げる。
それはとても難しいことで、実際イベント当日まで、かなり頭も体も悩まされました。
同じ食材はないか、ボリュームはどうか、コースの流れは、提供時間は、などなど。
食べ終わって、笑顔で帰ってゆくお客様を見て、大変だったけどやって良かったと心から思えました。
3人とも、イベント後は自然と笑顔で、もう一度やりたいね、と。
なので、多分次回も開催すると思います。
その時はまた「料理人」の自分とお会いしましょう。

最後に、MARUYUSHIオーナー笠原さん、スタッフの皆さん、Mashumoの小山さん、そしてカメラマンのcindyさん、本当にありがとうございました。
次回も宜しくお願いします。

ちなみに写真はコースの一品目、
「冬瓜と蓮根のエチュべ スモーク風味の白ワインソース 秋茄子のキャビア添え」
詳しいレポはcindyさんのブログで後日更新されると思いますよ。

スポンサーサイト

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://mikumari2006.blog108.fc2.com/tb.php/166-5f38c0a3

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。