種を蒔く 

種はいっぱい持っている。

ただ、蒔く時期が遅かったり、蒔いたけど芽が出なかったり、芽が出ても枯れてしまったりといったことが多い。
じゃあ、どういう時に蒔けば良いのだろうかと、悩んで、迷って蒔いても、上手くいかなかったのに、なにげなく蒔いた種が、大きく育つ時がある。

それは、偶然もあるだろうが、成り行きにまかすのも必要ではないだろうか。

芽が出て育ってきた苗に、「心」を注ぐ。
それが、自分の好きな種だったりすることが多いのだが、
そんな苗は、グングン育ってくれる。
今まで、そうやってきたように私は思う。

今でも、種はいっぱい持っている。

スポンサーサイト

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://mikumari2006.blog108.fc2.com/tb.php/184-a48585bf