スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

薪割り 

薪割りをしている。
早く終わそうと、節のない木を選んだり、節を避けて割ってはみたものの、ちっとも早く終わらない。
そのうち疲れてきて、薪を選ばず、ただ無心に薪割りを続ける。
節があって面倒だと想っていた薪も、節の目から打ち付けると、以外にすんなり割れていく。
節を避けて割っていたときは、引っかかってなかなか割れずにいたのに。

物事も一緒で、節を避けようとするから、事はますます面倒になる。
どうせやらなければならないことならば、逃げずに打ち込んでみる。
そうすれば、以外にすんなり割れるのではないか。
薪割りと同じように。

スポンサーサイト

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://mikumari2006.blog108.fc2.com/tb.php/236-5890779c

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。