柿 

kaki.jpg
甘柿と渋柿
容姿が同じでこれほど味の異なる食べ物がほかにあるだろうか。
昔の人は、どうにかしてこの渋い柿を使えないかと考えたに違いない。

「食べられないならば」と考えに考え『柿渋』が生まれた。
天然の防虫防腐剤である。

「食べるならば」とアルコールに漬けて『さらし柿』に。
長時間干して『干し柿』に。どちらもみごとに渋味をなくした。

どんなことにも乗り越える方法はある。
考えるんだ。

スポンサーサイト

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://mikumari2006.blog108.fc2.com/tb.php/238-936cf0f3