後ろ姿 

「男は黙って背中で語る」

この言葉がこれほど似合う人を、私は1人しか知らない。
あこがれだったし、道標だった。

その人に言われた言葉、1つ1つを今でも忘れていないけれど、
それよりも心に残っているのが、後ろ姿だ。

「自分で考えろ」と言わんばかりに、悩んだとき、迷ったときに、
言葉を控えて去ってゆく。

その背中に、後ろ姿に、
やる気とか、希望とか、夢とか、
自分のこれからを見せてもらった気がする。

もう、その後ろ姿を見ることも、
追いかけることもできないけれど、
どんな言葉よりもまっすぐで、正直なその後ろ姿は、
これから先も、自分の中で生き続けて行く。

「男は黙って背中で語る」

いつかそんな男に、私もなりたい。

スポンサーサイト

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://mikumari2006.blog108.fc2.com/tb.php/274-9f74e14e