スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

後戻り 

人生の岐路に立たされる時、その大きな選択に迷う時がある。
自分がどの方向に進むか、どうしても決められない時でも、
何かを犠牲にして、捨てて、先に進む。
今まで、そうやって前に、夢に近づいてきたつもりでいた。
後戻りなんてしている暇なんてないとばかりに。

でも最近になって「捨ててきた」と思っていた事のいくつかは、
実は「置いていた」事に気が付いた。

自分の人生にとって、本当に大切な選択の場合、
どちらかを切り捨てなければ、先に進めない事もわかっている。
もう、そこには戻れないことも。
でも、あることがキッカケで、今まで来た道を後戻りする事があった。
その時に、捨てたと思っていたことが、実はその場所に置いてあって、
これからの道で、多いに役に立ったのだ。
それは「思い」だったり、「人」だったり、或いは「モノ」であるかもしれない。
形は何であれ、自分の元に戻ってくるのだ。
そしてまた共に、先に進む。

そんな事はよくある事ではなくて、
自分が本当に悩んで、迷って、出した結果の事で、
軽い気持ちや曖昧な心で決めた事には、まずない。

覚悟を決めて進んできた道を、
引き返すことは誰でも抵抗があると思うけど、
どうしても先に進めなければ、もう一度覚悟を決めて引き返し、
助走をつけて、超えてゆく。

「後戻り」したって良いだろう?
人生も、夢も「捨てた」もんじゃあない。
ただ、置いてきているだけだ。


スポンサーサイト

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://mikumari2006.blog108.fc2.com/tb.php/276-dfb79a52

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。