薪割り 

mikumari 117

時間があるときに、来年の分の薪割りをする。
これがなかなか重労働なのだが、
普段、体を動かさずにいるので、いい運動になるのです。
そして、割っていくうちに無心になっていく。
気がつくと薪が山積みになっていて、それを見てニヤリ。

薪の燃える匂いは、最高の芳香剤であり、
薪のはぜる音は、最高のBGM。
そんな時間を想像するだけで、嬉しくなってくるのです。

もうそろそろ、そんな薪ストーブの季節も終わるけれど、
楽しみは来年まで取っておいて、次の季節を楽しもうと思う。

スポンサーサイト

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://mikumari2006.blog108.fc2.com/tb.php/62-9a1a87ad