無駄のない循環 

mikumari 078
この場所で暮らし始めて5年が経つ。
一番変わったことは、できることは何でも自分でやるようになった事だ。
そして思ったことは、やってみると何でも同じだと感じるようになった。

素材の味を生かすことは、料理でも、家具でも、空間でも同じことだと、なんとなくわかってはいたが、
それをさらに、「素材」について深く考えるようになった。

例えば食材。
丸ごと使うときもあるが、大抵は下処理をする。
そこで、取ったへたや葉等はブイヨンを取るのに使う。
剥いた皮は切干にして、揚げたり煮たりする。
面取りで取った部分はピュレにしたり、スープにする。
どうしても使えない部分は、堆肥として畑で利用する。

木材についても同じだ。
家具を作る際に、余った木で小物等を作ったり、
色々な端材を組み合わせて、扉や棚を作る。
使えそうなものは取っておけばいいし、
必要がないと思えば、薪として燃やす。
そして燃やした灰は、畑に蒔く。

そう考えると、本当は何一つ無駄がないことに気づく。
そして、ちゃんと循環されている。

できるだけ自分の手でやってみることで、
いろいろな事に気づくことができたから、
これから先も、なるべく面倒くさがらずに、
自分なりにゆっくりやっていこうと思う。
多くの無駄のない循環に気づけるように。

スポンサーサイト

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://mikumari2006.blog108.fc2.com/tb.php/84-7f0db814