時の記憶写真館 

「時と記憶」を留めておく方法があるとするならば、
それは写真に残すことだと思う。
何年経っても、それを見る度に、その「時と記憶」がよみがえる。
写真家、矢野津々美は、一瞬を切り取る。
彼の感性で納められたものを見ると、そう思えてならないのだ。

『時の記憶写真館』
矢野津々美 Tsutsumi Yano

古いコンパス、望遠鏡、
アンモナイトの化石、砂時計。
いろんな時間が流れるこの空間で、
あなたの時間を写真に残しませんか。
今ではほとんど使われなくなった
大判フィルムカメラを使って撮影します。

OPEN 2016年10月2日、9日、16日(日)
9:00|10:00|11:00|13:00|14:00[各回1組・予約制]
撮影料金 15000円「モノクロフィルムプリント」
ご予約、お問い合わせは『mikumari』 TEL028-677-3250 迄

庭舟 

続きを読む

「その瞬き」 

2016年9月24日[Sat]

FOLKLORE [AOKI、hayato と haruka nakamura]
Guest 内田 輝 Akira Uchida

           「その瞬き」

Open. 16:00 /  Start. 17:00
Charge   3500yen + 1 drink order
ご予約、お問い合わせ  mikumari迄(TEL 028-677-3250)

mikumariからライブのお知らせです。
お申込みは中学生以上となります。
ご予約、お問い合わせはmikumari迄(オープン前か15:00以降でお願いします。)
サンドイッチや焼き菓子などご用意します。
秋の始まりの心地よい季節に心地よい「瞬(とき)」を。

HP 

ホームページが出来ました。
http://mikumari-homusubi.com/

「homusubi」の情報や、「octopa」の情報もこちらでご覧いただけます。
このブログは今まで通り更新します。(HPから移動できます。)

身近なこと、手が届くところから、少しずつ。
すべてはそこから。

octopa 

「octopa」
という活動をしています。

octopaとは、「OCT」+「TOPAZON」=「octopa」。
『8』を意味する「OCT」と、『探し求める』を意味する「TOPAZON」を合わせたギリシャ語の造語です。
建築士、デザイナー、古道具店主、そして私の4人、その4人の8本の手で探し求め、カタチにして、発信してゆく。
紀元前からギリシャは、哲学や文化、芸術等に様々な影響を与えてきた。
「octopa」は様々なジャンルの職人と手をとり、昔から今に伝えられている技術や知恵をモノに起こす。
ジャンルを問わず、影響を与えられるような、そんなモノ作りをしてゆくチームです。

『octopa』
「古くから伝わる知恵を今に起こし、
現在の暮らしの中に取り入れて、
日々の営みから人を支えるもの。
使い続けることで手に染み渡り、
100年経っても輝きを失うことなく、
味わい深く変化していく。
人のそばにずっと寄り添っていける、美しいものを。
octopaはそんな「かたちあるもの」を伝えていきます。」

『octopa』は
「Tool」、「Meal」、「Wear」の3つの柱で成り立っています。
そちらの情報はまた次回。

mikumariと共に、宜しくお願いします。